メニュー
ページトップ

自動車保険は、高い商品と安い商品に二極化してます。
また、保険料は毎年のように見直され、安さのランキングは刻々と変動しています。

平均して35,000円も保険料を下げている方法を、お試し下さい。

ハイブリッド車だからといって、自動車保険での特別扱いはありません。

このページでは、ハイブリッド車だけで構成されているモデルの保険料相場を、ご案内します。

ハイブリッド車であることは、保険料には直接影響しない

自動車保険の保険料は、自動車事故の危険度の高さ、修理代が高くつくか安く上がるか、などによって決まります。

よって、エコカーであることが、保険料に直接影響することはありません。

ガソリン車などと同様に、見積もりを比較して、加入する自動車保険を決定してください。

一部の自動車保険に、エコカー割引があるけれど・・・

自動車保険によっては、エコカー割引電気・ハイブリッド車割引が設けられていて、保険料が割引になります。

あくまでも、自動車保険の売上を伸ばすための、販売戦略としての割引です。

割引のやり方は、損保会社によって異なります。
たとえば、東京海上日動は3%の割引になります。
一方、セゾン自動車火災は1,200円割引(1年で)というように、一律の金額になっています。

いずれにしても、割引は小さいので、割引制度があるからおトク、と判断するのは危険です。見積もりをとって、保険料の合計額を比較して判断しましょう。

保険料相場をご覧になれるモデル

現在、以下のモデルの、保険料相場をご覧いただけます。

トヨタのプリウスの2016年(平成28年)年式の車両の保険料相場です。

2016年式のFFモデルの保険料相場です。新車価格は270万円前後です。

他に4WDモデルがあります。車両保険を付けたときの保険料は、4WDモデルの方が、少し高くなります。

記名被保険者の年齢によって、保険料が大きく変わるので、年代別にわけています。ご自分に近い年代をご覧ください。

相場表の「ダイレクト型相場」と、ご自身の保険料とを見比べて、同じくらいか、より大きい金額を支払っているなら、自動車保険の見直しをおすすめします。「最安値相場」を目安に、チャレンジしてください。

その具体的な方法は、こちらです。

トヨタのプリウスの2011年(平成23年)年式の車両の保険料相場です。

2011年式モデルの保険料相場です。発売当時の新車価格は217~334万円でした。
2017年現在の市場価格は110万円前後です。

記名被保険者の年齢によって、保険料が大きく変わるので、年代別にわけています。ご自分に近い年代をご覧ください。

まずは、現在の補償内容で、どのくらいまで保険料を下げられるかを知りましょう。

相場表の「ダイレクト型相場」と、ご自身の保険料とを見比べて、同じくらいか、より大きい金額を支払っているなら、自動車保険の見直しをおすすめします。「最安値相場」を目安に、チャレンジしてください。

さしあたって、主な自動車保険の見積もりをとって、比較してください。現在の補償内容で、どのくらいまで保険料を下げられるかを知りましょう。

ただし、ダイレクト型自動車保険だけで10社前後あります。見積もりを集めるのは、手間がかかりそうです。

しかし、心配ご無用です。
現在加入している保険の証券を見ながら、1回入力すると、主な自動車保険の見積をまとめて入手できる、無料のサービスがあります。
それがこちら、

いったん見積りをした後、補償内容を変えて再見積りすることができます。このサイトの利用者は、平均して約35,000円保険料を安くしているそうです。便利で、無料です。

サイト メニュー

search engine by freefind
ホーム
読まれている記事
更新情報
inserted by FC2 system