メニュー
ページトップ

自動車保険は、高い商品と安い商品に二極化してます。
また、保険料は毎年のように見直され、安さのランキングは刻々と変動しています。

平均して35,000円も保険料を下げている方法を、お試し下さい。

事故でけがをしたとき、亡くなったときの保険の相場を解説します。

自動車保険は複数の保険が集まってできています。そして、集まっている保険は、人の生死や健康に関するものと、所有物・財産の損害に関するものとにわかれています。

このページでは、人の生死や健康に関する保険=傷害保険の加入実態やご留意いただきたいポイントを解説します。

自動車保険の傷害保険には、種類がいくつかあって、わかりにくいです。

傷害保険の種類

自動車保険の傷害保険は5つあって、大きく2つのグループに分類できます。

事故の相手への
損害賠償
  • 対人賠償保険
  • (自賠責保険)
自分たちの傷害
に備える
  • 人身傷害保険
  • (搭乗者傷害保険)
  • 無保険車傷害保険
  • 自損事故傷害保険

自賠責保険は、加入することが法律で義務付けられている強制保険のことです。どの損害保険会社に加入しても、補償内容も保険料も同じなので、ここでは触れません。

自賠責保険だけでは損害賠償しきれないときのために、対人賠償保険があります。この保険については、対人・対物賠償は、無制限でをご覧ください。

「自分たちの傷害に備える」ための保険については、下で解説します。

自分たちが傷害を負ったときに使える保険

自分たち(記名被保険者、同乗者)が死傷したときに使える4つの保険の概要を下表にまとめました。

人身傷害保険
  • 死亡保険金、ケガの治療費・後遺症の他、休業補償、慰謝料も出る
  • 損害額の実費を補償(上限あり)
  • 入り方によっては、記名被保険者の家族も補償される。
搭乗者傷害保険
  • 死亡保険金、ケガの治療費を補償
  • 保険金額は、あらかじめ決められた金額
  • 過半数の商品で、人身傷害保険に吸収されて消滅
無保険車傷害保険
  • 事故の相手から十分な損害賠償を受けられないときに、保険金が出る
  • 自賠責保険等を超える金額が出る
  • 記名被保険者の家族も補償される
  • 人身傷害保険とかぶるときは、人身傷害保険優先
自損事故傷害保険
  • 自損(単独)事故で死傷したときに保険金が出る。
  • 保険金額は、あらかじめ決められた金額
  • 人身傷害保険とかぶるときは、人身傷害保険優先

無保険車傷害保険と自損事故傷害保険はスルー

無保険車傷害保険と自損事故傷害保険の2つは、加入者の判断で付け外しできないし、補償内容を変更することもできません。よって、補償プランを検討するときには無視できます。

ただし、事故のときに請求を忘れないように、どんな保険かはよく理解しておきたいです。

搭乗者傷害保険は急速に消滅に向かっています。ケガの補償は、人身傷害保険を軸に考えましょう。

搭乗者傷害保険はもともと消える運命

もともと、こちらがケガをしたときの補償は、搭乗者傷害保険が担ってきました。

ところが1998年に、搭乗者傷害保険の上位の保険である人身傷害保険が発売されます。それ以来、同じような役割の2つの保険が共存するようになりました。

しかしここ数年で、人身傷害保険が十分に普及したことから、搭乗者傷害保険を廃止する損保会社が急速に増えています。

現在は移行期の終盤あたり

2024年現在は、概ね以下のような状況になっています。

  • 代理店型自動車保険の大半で、人身傷害保険が搭乗者傷害保険を吸収。
  • ダイレクト型自動車保険では、搭乗者障害を残しているところが多い。ただし、残し方は会社によって異なる。

代理店型自動車保険の例

たとえば東京海上日動の自動車保険の場合、下図のようになっています。

【むかし】 〔人身傷害保険〕 ●保険金(実費) 〔搭乗者傷害保険〕 ●保険金(定額) 【現 在】 〔人身傷害保険〕 ●保険金(実費) ●傷害一時費用保 険金(定額)

ダイレクト型自動車保険の例

たとえばソニー損保の自動車保険の場合、下図のようになっています。

【むかし】 〔人身傷害保険〕 ●保険金(実費) 〔搭乗者傷害保険〕 ●保険金(定額) 【現 在】 〔人身傷害保険〕 ●保険金(実費) 〔搭乗者傷害特約〕 ●保険金(定額)

人身傷害保険は必須の補償で、それをもっと補強したい加入者は、搭乗者障害特約を付加できます。

人身傷害保険は、実際の損害(かかった治療費等)を補償するので、保険金の支払い時期は、原則として治療終了後になります。

一方、搭乗者傷害保険は、あらかじめ保険金額が決まっているので、スピーディーに手続きできたら、治療前や治療中に受け取ることも可能です。

自動車保険の補償内容がある程度決まったら、無料の一括見積もりサービスをご利用ください。

補償内容の方針が固まったら、実際に見積もりを見る方が、検討ははかどります。

どうせなら、おもだった自動車保険の保険料を見比べたいです。そうすることによって、補償内容や保険料の相場観をつかむことができます。

とはいっても、複数の自動車保険の見積もりを、補償内容を同じにして作成するのは、意外と大変です。

そこで、無料の一括見積もりサービスの活用をおすすめします。

1回(1社分)の入力で、 主要な自動車保険の見積もりが一気に集まります。検討が一気にはかどります。

以下の、無料の一括見積もりサービスをおすすめします。

一括で見積もりをした後、個別の商品について、見積条件を変えて再見積もりすることも可能です。

見積もりを繰り返しながら、ベストな補償と商品を絞り込みましょう。

サイト メニュー

search engine by freefind
ホーム
➡ 火災保険の比較・相場
読まれている記事
更新情報
inserted by FC2 system