メニュー
ページトップ

自動車保険は、高い商品と安い商品に二極化してます。
また、保険料は毎年のように見直され、安さのランキングは刻々と変動しています。

平均して35,000円も保険料を下げている方法を、お試し下さい。

ソニー損保の自動車保険の、補償・サービス内容、評判・顧客満足度、企業としての信頼性などを、徹底解説します。

ソニー損保は、ダイレクト型売上高トップを独走しており、損保商品のネット通販ではリーダー的存在です。

そんなソニー損保の、自動車保険の補償・サービス内容、評判・顧客満足度、企業としての信頼性などを、徹底解説します。

ソニー損保の、企業としてのプロフィールを、簡単にご案内します。

ソニーグループの中で存在感を増す金融事業

ソニーというと、エレクトロニクス産業のイメージが強いですが、ずいぶん前から多角的に事業展開しています。

金融事業もその一つで、ソニー損保を含むソニーフィナンシャルグループが、損害保険業、生命保険業、銀行業などに参入しています。

図は、2021年度のソニー・グループの事業分野(セグメント)別の業績を表しています。

【2021年度分野別売上高】 ゲーム& ネットワーク 音楽 映画 エレクトロ ニクス イメージ・ センサー 金融 その他

金融事業は3位と、グループを支える事業の一つになっています。

損保業界で8位、ダイレクト(ネット通販)型で1位

ソニー損保単体での売上高は、業界第8位、そしてダイレクト型の中では1位です。

2022年度の、損保業界売上高(正味収入保険料)順のグラフです。赤い枠内がダイレクト損保です。

ソニー損保は2002年からダイレクト損保のトップを走っています。

代理店型の損保とダイレクト損保とでは、規模の差がまだまだ大きいのですね!

ソニー損保は、ダイレクト(ネット通販)型

損害保険会社は、大きく代理店型損保ダイレクト損保に分けられます。

ソニー損保はダイレクト損保です。

ダイレクト損保には代理店がなく、消費者はネットや電話で損害保険会社と直接やり取りします。

電話オペレーター

そのため顧客のやることは代理店型より多くなりますが、保険料は代理店型より安くなります。

代理店は日本全国に設置されていて、加入、更新、契約変更、保険金請求などの諸手続きの窓口となります。
ダイレクト型は、これらのことをセルフでやる必要があります。

ソニー損保の自動車保険の補償内容(保険・特約・サービス)の特徴を調べました。

自動車保険は、どの商品でも、基本的な補償内容(保険・特約・サービス)は共通しています。

なぜなら、自動車保険(=任意保険)は、自賠責保険(=強制保険)の弱点を補うという社会的使命があるからです。

ただし、すべての自動車保険の中身が同じ、ということではありません。

基本的な部分は共通ですが、それを補強する機能には、各損害保険会社なりの工夫があります。

よって、その部分に的をしぼって、補償内容の特徴をチェックします。

ソニー損保の補償内容の特徴をチェック

ソニー損保の特徴がある補償とロードサービスを下表にまとめました。

赤字が独自色の強いもので、末尾に*があるのは自動セットされています。

対人賠償保険 特約はなし
対物賠償保険
  • 対物超過修理費用*
人身傷害保険
  • 人身傷害に関する自動車危険補償特約
  • 搭乗者傷害特約(傷害一時金)
  • 搭乗者傷害特約(死亡・後遺障害)
車両保険
  • 車両保険の補償範囲限定特約
  • 新車買替特約
  • 事故時レンタカー費用特約
  • 車対車免ゼロ特約
ロードサービス
  • 応急作業サポート(現場での応急処置)*
  • レッカーサポート(100kmまで無料搬送)*
  • 宿泊・帰宅費用サポート*
  • ペット宿泊費用サポート*
  • 修理後搬送サポート*
全体の特約等
  • 他車運転特約*
  • 無保険車傷害危険特約*
  • 被害者救済費用等補償特約*
  • 自動車事故弁護士費用等補償特約
  • 日常事故弁護士費用等補償特約
  • 個人賠償特約
  • おりても特約
  • ファミリーバイク特約
  • 車内身の回り品特約
  • セコム事故現場かけつけサービス*

ソニー損保の補償・サービス内容は、ダイレクト型自動車保険の中で見ても平均的です。

どうやら、補償内容の豊富さや多機能さで勝負するつもりはないように見えます。

ダイレクト型自動車保険にとって、補償・サービスに目立つ特徴がないことは、メリットになる可能性があります。

ダイレクト型では、一般の消費者が補償プランを作成します。商品に独自色が乏しいと、消費者にかえってわかりやすく感じてもらえるかもしれません。

注目の〔セコム事故現場かけつけサービス〕

自動車事故の現場に駆けつけて、現場対応を支援・代行するサービスです。

損害保険会社と提携している警備保障会社セコムの警備員が駆けつけて、関係各所への連絡、情報収集、二次被害の防止などを支援・代行してくれます。

2023年現在、同様のサービスを提供しているのは、以下の損害保険会社です。

  • イーデザイン損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン
  • 楽天損保

共栄火災と損保ジャパンが代理店型損保で、他はダイレクト損保です。

ソニー損保を含めダイレクト型は、加入者全員に無料でこのサービスを提供しています。

ソニー損保の事故対応の評判は、業界トップクラスです。大手損保と比べても、ひけをとりません。

自動車保険では「どんな補償があるか」と同じくらい、「どの程度の品質で提供されるか」も大事です。

品質を知ろうとしたら、実際に利用した人の評判を聞くしかありません。参考になるのが、中立的なマーケティング調査会社による、規模の大きな顧客満足度調査です。

J.D.パワーの事故対応ランキング

米国に拠点を置く世界的マーケティング調査会社J.D.パワーは、事故対応の顧客満足度調査を毎年実施し、ランキングを公表しています。

ソニー損保と、大手損保4社(あいおいニッセイ同和、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上)の順位を比較しました。上のグラフのように、大手4社は大きな市場シェアを握っており、実質的に業界標準と言えます。

2023 2022 2021
ソニー損保 1位 1位 1位
あいおいニッセイ同和 7位 5位 9位
損保ジャパン 4位 3位 2位
東京海上日動 2位 7位 3位
三井住友海上 5位 4位 5位

ソニー損保は大手4社を上回る、業界トップクラスの高評価です。

価格コムの事故対応ランキング

価格コムも、毎年自動車保険の顧客満足度ランキングを発表しています。

このランキングでは、トップ10のみ公表されます。

2024年 2023年 2022年
ソニー損保 3位 3位 1位
あいおいニッセイ同和 6位 10位 6位
損保ジャパン 9位 7位 5位
東京海上日動 2位 4位 10位
三井住友海上 5位 5位 3位

ソニー損保の順位は優秀です。

このランキングが事実ならソニー損保は大手損保と同等以上の高評価です。

オリコンの事故対応ランキング

オリコンも、毎年自動車保険の顧客満足度ランキングを発表しています。

このランキングでは、トップ10のみ公表されます。

2023年 2022年 2021年
ソニー損保 2位 2位 1位
あいおいニッセイ同和 6位 8位 圏外
損保ジャパン 5位 4位 5位
東京海上日動 4位 6位 4位
三井住友海上 9位 5位 3位

上のランキングと同様に、ソニー損保は大手損保より高い評価を獲得しています。

断然おトクな『安全運転でキャッシュバックプラン』をお勧めします。

ソニー損保の標準保険料は高い

ソニー損保の保険料は、ダイレクト型としては高めの設定になっています。

7パターンの年齢・等級の組み合わせで、ソニー損保の保険料を、ダイレクト型自動車保険の相場と比べました。

ソニー損保の自動車保険の保険料を相場と比較

ソニー損保の保険料は、7パターン中6パターンで、相場より高くなりました。

お勧めはキャッシュバックプラン

ソニー損保には、保険料が安くなる「安全運転でキャッシュバックプラン」があります。

専用のスマホアプリで運転の安全性を得点化し、その得点に応じてキャッシュバックされる金額が決まります。

そして過去の実績を見ると、加入者の80%強が30%のキャッシュバックを受けているので、難易度は低めです。

新規に加入して30%キャッシュバックされたときの実質負担額を、上と同じように相場と比較したのが、下のグラフです。

ソニー損保の自動車保険の保険料(30%キャッシュバックのとき)を相場と比較

全7パターンで、ソニー損保のほうが安くなりました。

ソニー損保が公表している実績によると、キャッシュバックプランを選んだ方々の80.2%が、高得点を獲得して30%のキャッシュバックを実現しています。

30%キャッシュバック 80.2% 20%CB 13.1% その他

ちなみにキャッシュバック率は、「(払った保険料の)30%」「20%」「10%」「5%」「なし」の5段階設定されています。

先進的な「走る分だけ」保険料の仕組み

ダイレクト型自動車保険のほとんどは、年間走行距離によって保険料が変動します(走行距離が短いほど安くなります)。

ソニー損保の自動車保険も例外ではありません。

というより、他社より先進的な仕組み(=「くりこし割引」)を採用しています。

実際に走行した距離が、申込のときに申告した距離区分より短かったときは、その分が翌年の保険料から割引れます。

ソニー損保の「くりこし割引」の仕組み

他のダイレクト型は、ここまで徹底した「走る分だけ」にはなっていません。

【結論】ソニー損保の自動車保険についての評判・評価をまとめました。

ここまでに説明してきたソニー損保の自動車保険の評判・評価をまとめると、次のようになります。

補償・サービス
  • ダイレクト型らしいわかりやすさ最優先の補償内容
  • 現場急行(駆けつけ)サービスがある。
事故対応の評判
  • 業界トップクラスの高評価
保険料
  • 標準の価格はダイレクト型の中で高め。ただし、キャッシュバックプランならおトク。
その他
  • 都道府県による保険料の差を設けていない。

他の自動車保険との競合関係

上の表を要約すると、次のことが言えそうです。

  • ソニー損保の強みはダイレクト型の安い保険料で、業界トップクラスの品質を提供していること。
  • ダイレクト(ネット通販)型自動車保険の中では、保険料は高め。しかし、『安全運転でキャッシュバックプラン』なら、ダイレクト型の中でもおトクになる。
ソニー損保の自動車保険パンフレット

ご自身の見積もり条件で、実際に比較

見積もり条件(年齢、等級、車の使用目的、車の型式・・・)や補償内容を変えると、安い商品が入れ替わります。

できるだけ多くの見積もりをとって比較したいです。

ただ、中身が違う複数の自動車保険を、条件をそろえて見積もりするのには、想像以上に手間と時間がかかります。

それどころか、誤解や思い込みで、まちがった見積もりをする危険もあります。

そこで、無料の一括見積もりサービスをおすすめします。

1回の入力で、おもな自動車保険の見積もりが一気にお手元に集まります。

時間と労力の節約効果は、想像以上です。

このサービスの利用者は、平均して保険料を年間約35,000円節約されているそうです。

ソニー損保は、精力的に広告宣伝を展開する、ダイレクト(ネット通販)型の一つです。

保険を通信販売するダイレクト損保にとって、メディアによる広告・宣伝は重要です。

ソニー損保は、そのお手本のように、積極的にメディアに露出しています。

2005〜2007年は、松田一沙さんが出演されていました。

2007〜2009年のCMキャラクターは佐藤ありささんでした。

2009年に瀧本美織さんにバトンタッチ。

好評だったようで、2015年まで瀧本さん出演のCMが数多く制作されました。

その後を引き継いだのが、デビュー直後の唐田えりかさんです。

唐田さんは2017年まで出演していましたが、2016年からお笑いタレントの「くりぃむしちゅー」が合流しました。

そして、2017年7月に、大幅なイメチェン。歌舞伎俳優の松本白鸚さんと女優の内田有紀さんが起用され、一転して大人の雰囲気に。

2021年には、内田さんは留任で、松本白鸚さんが役所広司さんにバトンタッチしました。

2023年末には、役所広司さんから阿部寛さんに変わりました(内田さんは継続)。

サイト メニュー

search engine by freefind
ホーム
➡ 火災保険の比較・相場
読まれている記事
更新情報
inserted by FC2 system