メニュー
ページトップ

自動車保険は、高い商品と安い商品に二極化してます。
また、保険料は毎年のように見直され、安さのランキングは刻々と変動しています。

平均して35,000円も保険料を下げている方法を、お試し下さい。

人身傷害保険と搭乗書傷害保険の違いは?それぞれのメリット・デメリットは?にお答えします!

自動車保険は、大きく4つの補償からできています。

対人賠償保険

事故の相手のため
+
人の損害のため
対物賠償保険

事故の相手のため
+
車の損害のため
人身傷害保険
搭乗者傷害保険


こちらのため
+
人の損害のため
車両保険

こちらのため
+
車の損害のため

こちらの(運転者・同乗者)のケガの治療等を補償するのが、人身傷害保険と搭乗者傷害保険です。

ただし、この2つが役割分担しながら補償するわけではありません。

新旧の関係です。搭乗者傷害保険が旧型で、人身傷害保険が新型です。

このページでは、そんなに人身傷害保険と搭乗者傷害保険の中身の比較や、選び方、使い分け方などを説明しています。

人身傷害保険と搭乗書傷害保険の補償や機能を徹底比較しました。

人身傷害保険と搭乗書傷害保険を、4つの角度から比較し、優劣を判定しました。

補償内容の違いは?どちらが優れている?

搭乗者傷害保険は、名前の通り“傷害”に特化した保険です。

他方、人身傷害保険は、“傷害”を中心に、こちらの損害を幅広く補償します。

損害・費用 人身傷害
保険
搭乗者傷
害保険
死亡
後遺障害状態
傷害(=ケガ)
介護費用
逸失利益
精神的損害
休業損害
葬儀費用
損害防止費用
権利保全費用

人身傷害保険は、ケガの治療費だけでなく、経済的損失や心のキズまで補償してくれます。

また、搭乗者傷害保険の保険金は定額なので、保険金が治療費に届かない危険があります。

勝者、
人身傷害保険!

補償される事故の範囲は、どちらが広い?

2つの保険の、それぞれが補償する事故の範囲を整理しました。

事故 人身傷害
保険
搭乗者傷
害保険
契約車両に乗車中
他人の車に乗車中
歩行中
自転車乗車中
△は加入・更新のときに選択可能。 *印は、相手が自動車の事故に限る。

人身傷害保険は、他人の車に乗っていたとき、歩行中・自転車運転中の自動車事故も、補償の対象になります。。

勝者、
人身傷害保険!

補償を受けられる人の範囲は、どちらが広い?

対象者の範囲も、人身傷害保険のほうが、幅広いです。

対象者 人身傷害
保険
搭乗者傷
害保険
記名被保険者
配偶者
同居の親族
別居の未婚の子
その他の同乗者
*印は婚姻歴があれば対象外になる。

人身傷害保険は、同居する家族の一人が入っていたら、全員が同じだけの補償を受けられます。

逆に言うと、家族で2台以上の車があるときは、人身傷害保険は、そのうちの1台だけで十分です。

勝者、
人身傷害保険!

保険金を受け取るまでの速さは?

次に、保険金が支払われるタイミングを比較しました。

人身傷害保険 搭乗者傷害保険
損害額が確定した後(ケガのときは治療終了後)。 治療中でも、所定の条件を充たせばOK。

ケガで治療を受ける場合、人身傷害保険は治療費の実費補償なので、保険金を請求できるのは、治療代確定後=治療終了後です。

他方、搭乗者傷害保険は、あらかじめ決められた金額が出るので、治療が終わるまでに、保険金を請求できます。

治療期間がある程度長くなると、搭乗者傷害保険の方が、早いタイミングで保険金を受け取ることができます。

勝者、
搭乗者
傷害保険!
いろいろと比較してきましたが、保険金が出る早さを除くと、人身傷害保険のほうが、優れていますね〜

ここ数年、搭乗者傷害保険が人身傷害保険に吸収される流れが加速しています。

どちらにするか迷うことがあったら、以下を参考にしてください。

中身が進化しているのは人身傷害保険

人身傷害保険と搭乗者傷害保険は、新旧の関係にあります。

新しい方の人身傷害保険は

1998年に発売されました。

誕生から20数年が経過していますが、他の保険は大正時代から続いているので、それに比べると最新です。

それ以前は搭乗者傷害保険が

自動車保険の中で死傷を補償する唯一の保険でした。

しかし、東京海上火災(現在の東京海上日動)が人身傷害保険を発売すると、他社も次々と追従しました。

その後、旧式の搭乗者傷害保険は、存在感がどんどん低下していきました。

とは言え

自動車保険は公共性の高い保険商品なので、損害保険会社の思惑で簡単に新旧交代することなく、現在にいたるまで2つの保険は併存しています。

加入率では、人身傷害保険が圧勝

損害保険料率算出機構『自動車保険の概況』(2023年度版)によると、自動車保険を構成する保険に加入している人の割合は、下のグラフのようになっています。

対人賠償 対物賠償 人身傷害 搭乗者障害 車 両 0 50% 100%

対人賠償保険、対物賠償保険には、ほぼ全員が入っています。

それには負けていますが、人身傷害保険に入っている人も92.8%と、とても多いです。

一方、搭乗者傷害保険(=人身傷害定額)の加入率は43.8%ほどと、半分もありません。

おもな損害保険会社の、現在の取り扱い状況

人身傷害保険が十分に普及したことで、ここ数年、搭乗者傷害保険の取り扱いに変化が見られるようになっています。

2024年現在の各社の対応状況を下表にまとめました。

会社名 販売形態 取り扱い状況
あいおいニッセイ同和 代理店 人身傷害保険に吸収されて消滅
アクサダイレクト ダイレクト 残存
イーデザイン損保 ダイレクト 人身傷害保険に吸収されて消滅
AIG損保 代理店 残存
SBI損保 ダイレクト 残存
共栄火災 代理店 人身傷害保険に吸収されて消滅
セコム損保 ダイレクト 残存
セゾン自動車火災 ダイレクト 残存
ソニー損保 ダイレクト 残存
損保ジャパン 代理店 人身傷害保険に吸収されて消滅
チューリッヒ保険 ダイレクト 改称されて消滅
東京海上火災 代理店 人身傷害保険に吸収されて消滅
日新火災 代理店 改称されて消滅
三井ダイレクト損保 ダイレクト 残存
三井住友海上 代理店型 人身傷害保険に吸収されて消滅
楽天損保 ダイレクト 人身傷害保険に吸収されて消滅

過半数の商品で、搭乗者傷害保険は消滅しています。

ただし、消滅した商品であっても、「搭乗者傷害保険」の名称が消えただけで、機能自体は形や名前を変えて残されています

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方に入るメリットはあるのでしょうか?

損害保険会社のパンフレットやウェブサイトを見ると、人身傷害保険と搭乗者傷害保険の同時付帯を勧めている会社は多いです。

内容が重複するこれら2つの保険に、同時に加入するメリットはあるのでしょうか?

同時加入は原則として×

人身傷害保険と搭乗者傷害保険とでは、補償内容が重複します。

とくに自動車保険のような掛け捨て保険での、補償内容の重複はお勧めしません

掛け捨て保険は、保険期間内に保険を使わないと、払った保険料は消えてしまいます。だから、ムダな入り方を極力避けたいです。補償の重複はムダです。

治療費の一時金だけならメリットはある

搭乗者傷害保険は、❶死亡したとき、❷後遺障害になったとき、❸治療を受けたときに、それぞれ決まった金額の一時金が出ます。

このうち、❶と❷は人身傷害保険と丸かぶりするので、ムダです。

一方、❸は、人身傷害保険より早くお金が出るかもしれないので、治療が長引いたときはメリットがあります

ですから、❸だけ切り離して加入できるなら、人身傷害保険と同時加入を検討する意味はあります。

搭乗者傷害保険は、上の解説のように❸だけ切り離して加入することはできません。

ただし、搭乗者傷害保険が人身傷害保険に吸収されている自動車保険なら、そのような入り方が可能になっています。

ご検討がある程度進んだら、無料一括見積もりサービスで、比較してください。検討が一気に進みます!

保険料はいろんな条件が重なり合って決まるので、見積もりをすることで、はじめて気がつくこともあれば、それまでの考えがひっくり返ることもあります。

商品選びの方針がある程度固まったら、早い段階で見積もりを集めて見比べてください。

そうするほうが効率的です。

下のサービスをご利用いただくと、1回の入力で、主要な自動車保険の見積もりを、一気に集めることができます。

見積もり条件を変更しての再見積もりも、簡単にできます。

このサービスの利用者は、平均して保険料を年間約35,000円節約されているそうです。

サイト メニュー

search engine by freefind
ホーム
➡ 火災保険の比較・相場
読まれている記事
更新情報
inserted by FC2 system