メニュー
ページトップ

自動車保険は、高い商品と安い商品に二極化してます。
また、保険料は毎年のように見直され、安さのランキングは刻々と変動しています。

平均して35,000円も保険料を下げている方法を、お試し下さい。

イーデザイン損保とソニー損保の自動車保険を、徹底比較しました。

イーデザイン損保の自動車保険とソニー損保とを、以下のように比較しました。

なお、イーデザイン損保は2つの自動車保険を販売しています。ここでは、従来商品を取り上げています。

VS

イーデザイン損保とソニー損保は、歴史が浅く規模の小さなダイレクト損保ですが、経営基盤は強力です。

どちらも大手企業グループのダイレクト損保

この2社は、それぞれ下の大手企業グループに属しています。

東京海上 グループ (東京海上日動など) ソニー グループ (ソニーなど)

東京海上日動もソニーも業種は異なりますが、それぞれの分野で日本を代表する企業です。

経営基盤の安定感という点では、イーデザイン損保もソニー損保も不安はありません。

売上高ではソニー損保が大きくリード

下のグラフは、2022年度末のおもな損保会社の売上高ランキングです。

ソニー損保は8位ですが、ダイレクト損保の中ではトップです。一方のイーデザイン損保は15位で、売上高の大きさはソニー損保の3分の1以下です。

上位の4社と比べると、ドングリの背比べに見えるイーデザイン損保とソニー損保ですが、実際にはけっこう差があるのですね。

2つの自動車保険の、補償・サービスを比較しました。

2つの大事な前提

このページで取り上げている2商品に限らず、自動車保険を比較するにあたって、次の2つの点を頭に置いてください。

  • 自動車保険のおもな補償内容は損保業界内で統一されているため、商品による差が出るのはプラスαの補償・サービス。
  • ダイレクト型自動車保険は、シンプルでわかりやすいことが重視されるため、なおさら補償・サービスに差が出にくい。

こうした事情があるので、補償・サービスの中身が、商品選びの決定打になりにくいです。

2つの自動車保険の特徴を比較

上のような状況なので、2つの商品の補償・サービスに決定的な違いはありません。

そこで、それぞれの商品の特徴的な機能にしぼって、下表にまとめました。

イーデザイン損保 ソニー損保
  • 弁護士費用等保険が自動付帯される。
  • ロードサービスが薄め(帰宅費用、宿泊費用、ペットホテル代等は出ない)。
  • 無過失事故特則が自動付帯。
  • セコム事故現場急行サービスが自動付帯。
  • 人身傷害保険が自動付帯。
  • くりこし割引がある。
  • おりても特約がある。
  • セコム事故現場かけつけサービスが自動付帯

補償・サービスの充実度は同じくらいです。

ただし、両者を比べると、イーデザイン損保の方が個性的です。ソニー損保にも独自の補償はありますが、強烈なものはありません。

イーデザイン損保が向かないのは、➊弁護士費用等保険が不要な人、➋ロードサービスを手厚くしたい人です。

一方、ソニー損保が向かないのは、➊人身傷害保険を付けたくない人です。

イーデザイン損保とソニー損保の自動車保険の保険料水準を比較しました。

2つの自動車保険の保険料水準を、2つの切り口で比較しました。

新規加入の保険料を比較

新規加入の保険料を、7パターンの年齢+等級の組み合わせで比較しました。

イーデザイン損保とソニー損保の自動車保険の保険料比較

比較した7パターンのうち、6パターンでイーデザイン損保のほうが安くなりました。75歳20等級はソニー損保のほうが安くなりましたが、差はほとんどありません。

新規の保険料は、イーデザイン損保のほうが安くなりやすいと言えます。

更新の保険料を比較

加入1年目から4年目までの保険料を比較しました。35歳10等級で新規加入し、その後、無事故で更新し続けたときの、年払い保険料です。

イーデザイン損保とソニー損保の自動車保険の、加入から4年間の保険料を比較

年によって金額差は変動していますが、一貫してイーデザイン損保の方が安いです。

複数年で保険料を比べても、イーデザイン損保のほうが安いです。

上の比較で、保険料の差が変動しているのは、インターネット割引の影響です。

インターネット割引は、ほとんどのダイレクト型自動車保険にありますが、割引額が大きく、しかも年によって変動します。

イーデザイン損保とソニー損保の自動車保険の、顧客満足度や評判を比較しました。

よくあるランキングは、消費者による印象評価のせいか、客観的事実に合致しないことが多く、信頼性が今一つです。

そこで、公表されている公的なデータをもとに顧客満足度や評判を探り、比較しました。

苦情が多いのはどっち?

日本損害保険協会は、協会が受け付けた、各損保会社に関する苦情件数を公表しています。

これをもとに、過去2年度のダイレクト損保の苦情発生率をランク分けしました(枠内の並び順は50音順)。

苦情の量 2022年度 2021年度
少ない
  • ソニー損保
やや少ない
  • ソニー損保
  • セゾン自動車火災
ふつう
  • アクサダイレクト
  • イーデザイン損保
  • セゾン自動車火災
  • 三井ダイレクト損保
  • 楽天損保
  • アクサダイレクト
  • イーデザイン損保
  • 三井ダイレクト損保
  • 楽天損保
やや多い
  • SBI損保
  • SBI損保
多い
  • チューリッヒ保険
  • チューリッヒ保険

ソニー損保の方が苦情発生率は低いです。

ただし、イーデザイン損保も、苦情が多い損保会社ではありません。ソニー損保のがんばりが目をひきます。

自動車保険の解約が多いのはどっち?

損保各社が毎年公表している資料から、自動車保険の途中解約の発生状況がわかります。

下は2022年度の、おもな損保会社の、自動車保険解約発生率ランキングです(1位がもっとも解約が少ない)。赤い文字がダイレクト型です。

順位 会社名
1位 SBI損保
2位 ソニー損保
3位 三井ダイレクト損保
4位 セゾン自動車火災
5位 AIG損保
6位 共栄火災
7位 三井住友海上
8位 イーデザイン損保
9位 アクサダイレクト
10位 あいおいニッセイ同和
11位 日新火災
12位 損保ジャパン
13位 東京海上日動
14位 セコム損保
15位 楽天損保
16位 チューリッヒ保険

ソニー損保の解約の少なさは業界トップクラスです。一方のイーデザイン損保は業界平均レベルなので、悪くはありませんが、こちらの方が劣っています。

自動車保険の売上が伸びているのはどっち?

自動車保険は1年更新なので、売上高の変化から、顧客満足度や期待の大きさが、ある程度推測できます。

下表は、それぞれの損保会社の2020年度→2022年度の、自動車保険の売上高の伸び率です。

イーデザイン損保 ソニー損保
-9.2% 10.6%

ちなみに、業界の平均伸び率は0.6%でした。

イーデザイン損保は不振、ソニー損保は好調と、明暗がくっきりしています。

イーデザイン損保は、2021年末に新発売した『&e』が、とても不人気のようです。

【結論】好評なのはソニー損保

3つのデータから顧客満足度や評判を探りましたが、いずれでもソニー損保が上回りました。

よって、ソニー損保の方が好評です。

イーデザイン損保とソニー損保の自動車保険では、総合評価はどちらが上?

ここまでの比較の結果をまとめると、下のようになります。

  • 補償・サービスの充実度は同じくらい。イーデザイン損保はややクセがある。
  • 保険料の割安感は、イーデザイン損保が勝る。
  • 顧客満足度が高いのはソニー損保。

ソニー損保は、保険料は高いものの、質の高いサポートを期待できます。

もっとも、上の売上高の伸び率を見る限り、イーデザイン損保『&e』は不人気なのでお勧めしにくいです。同社の従来商品も、近々販売停止になるので、やはりお勧めできません

勝者
ソニー損保

コストパフォーマンスの良さで自動車保険を選ぶなら、無料の一括見積サービスをおすすめします。

上の2つの自動車保険をご自分の見積もり条件で比較したいとか、他のダイレクト型も含めて比較したいとお考えなら、無料一括見積サービスのご利用をお勧めします。というのは・・・

  • 1回に入力でおもな自動車保険の見積もり結果がそろう。
  • その他の商品も同時に比較できるので、良い商品と出会えるかもしれない。

こちらの無料の一括見積もりサービスをおすすめします。

このサービスの利用者は、平均して保険料を年間約35,000円節約されているそうです。

サイト メニュー

search engine by freefind
ホーム
読まれている記事
更新情報
inserted by FC2 system