メニュー
ページトップ

自動車保険は、高い商品と安い商品に二極化してます。
また、保険料は毎年のように見直され、安さのランキングは刻々と変動しています。

平均して35,000円も保険料を下げている方法を、お試し下さい。

SBI損保とソニー損保の自動車保険とを、徹底比較しました。

人気のある2つの商品、SBI損保とソニー損保の自動車保険を、以下のように比較しました。

VS

SBI損保とソニー損保は、歴史が浅く規模の小さなダイレクト損保ですが、経営基盤は強力です。

どちらも大手企業グループのダイレクト損保

この2社は、それぞれ下の大手企業グループに属しています。

SBI グループ (SBI証券など) ソニー グループ (ソニーなど)

SBIグループとソニーグループとでは、規模がかなり違います。優劣を決めるなら、ソニーグループの方が安心感は大きいです。

とは言え、自動車保険を選ぶ上で、SBIグループに不安要素はありません。1年以内にSBIグループが傾くとはとても考えられないからです(自動車保険は1年契約なので)。

売上高ではソニー損保が大きくリード

下のグラフは、2021年度末のおもな損保会社の売上高ランキングです。

ソニー損保は8位ですが、ダイレクト損保の中ではトップです。一方のSBI損保は15位で、かなり差があります。

ソニー損保が1998年設立なのに対し、SBI損保は2006年設立と、ダイレクト損保の中でも後発です。

自動車保険のダイレクト販売の歴史は20年少々ですから、この数年の差は影響がそれなりに大きいです。

2つの自動車保険の、補償・サービスを比較しました。

2つの大事な前提

このページで取り上げている2商品に限らず、自動車保険を比較するにあたって、次の2つの点を頭に置いてください。

  • 自動車保険のおもな補償内容は損保業界内で統一されているため、商品による差が出るのはプラスαの補償・サービス。
  • ダイレクト型自動車保険は、シンプルでわかりやすいことが重視されるため、なおさら補償・サービスに差が出にくい。

こうした事情があるので、補償・サービスの中身が、商品選びの決定打になりにくいです。

2つの自動車保険の特徴を比較

上のような状況なので、2つの商品の補償・サービスに決定的な違いはありません。

そこで、それぞれの商品の特徴的な機能にしぼって、下表にまとめました。

SBI損保 ソニー損保
  • 人身傷害保険は他社より機能が劣る。
  • 自宅・車庫等修理費用補償特約がある。
  • 自転車事故補償特約がある。
  • 人身傷害保険が自動付帯。
  • くりこし割引がある。
  • おりても特約がある。
  • セコム事故現場かけつけサービスが自動付帯

どちらの自動車保険も、ダイレクト型の中でも、シンプルなわかりやすさを重視しています。そのため、補償・サービスに大きな差はありません。

ただし、人身傷害保険の差は気になります。

ソニー損保の場合、✿示談交渉の終了を待たずに、✿過失割合に関係なく損害全体が補償されます。

一方のSBI損保では、✿示談交渉終了後に、✿相手からの損害賠償では足りない分のみ、補償されます。

この差は意外と大きいです。

ソニー損保の自動車保険では、個人賠償特約を付けると、自転車事故による損害賠償もできるようになります。

SBI損保とソニー損保の自動車保険とで、保険料水準を比較しました。

2つの自動車保険の保険料水準を、2つの切り口で比較しました。

新規加入の保険料を比較

新規加入の保険料を、7パターンの年齢+等級の組み合わせで比較しました(2023年1月)。

SBI損保とソニー損保の自動車保険の保険料比較

新規の保険料は、全パターンでSBI損保のほうが安くなりました。

更新の保険料を比較

加入1年目から4年目までの保険料を比較しました。35歳10等級で新規加入し、その後、無事故で更新し続けたときの、年払い保険料です。

SBI損保とソニー損保の自動車保険の、加入から4年間の保険料を比較

複数年で保険料を比べても、SBI損保の方が安いです。

どちらの自動車保険も、2年目でいったん高くなっています(等級が上がっているにもかかわらず)。その後、SBI損保は3年目から減少しますが、ソニー損保が減少に転ずるのは4年目からです。

こうした違いの原因は、2つの商品のインターネット割引の違いにあります。

SBI損保とソニー損保の自動車保険で、顧客満足度や評判を比較しました。

よくあるランキングは、消費者による印象評価のせいか、客観的事実に合致しないことが多く、信頼性が今一つです。

そこで、公表されている公的なデータをもとに顧客満足度や評判を探り、比較しました。

苦情が多いのはどっち?

日本損害保険協会は、協会が受け付けた、各損保会社に関する苦情件数を公表しています。

下表は2021年度の実績です。

SBI損保 ソニー損保
  • 苦情件数314
  • 売上高482億
  • 苦情件数407
  • 売上高1416億

売上高10億円あたりの苦情件数は、SBI損保6.5件にたいし、ソニー損保2.9件です。

ということは、ソニー損保の方が苦情発生率は大幅に低いと言えそうです。

公表されているのは、会社全体の苦情件数です。自動車保険以外も含まれています。

つまり、上の比較は、自動車保険の比較というより、各社のサービスレベルの比較です。

自動車保険の解約が多いのはどっち?

損保各社が毎年公表している資料から、自動車保険の途中解約の発生状況がわかります。

解約の原因は商品への不満だけではありませんが、他社より目に見えて解約が多いと、問題を抱えている恐れがあります。

SBI損保 ソニー損保
  • 解約高2.89億
  • 売上高448億
  • 解約高10.42億
  • 売上高1243億

売上高100億円あたりの解約高は、SBI損保0.65億円にたいし、ソニー損保0.84億円です。

ということは、SBI損保の方が解約発生率は少し低いと言えそうです。

自動車保険の売上が伸びているのはどっち?

自動車保険は1年更新なので、売上高の変化から、顧客満足度や期待の大きさが、ある程度推測できます。

下表は、それぞれの損保会社の2019年度→2021年度の、自動車保険の売上高の伸びです。

SBI損保 ソニー損保
  • 22.1%
  • 81億
  • 15.5%
  • 167億

ちなみに、自動車保険を販売しているおもな損保会社の平均伸び率は2.3%でした。2社とも業界平均を大きく上回っています。

伸び率ではSBI損保が、伸びた金額ではソニー損保が大きく上回っています。商品の人気という意味では、どちらも良好です。

【結論】費用対効果ではSBI損保、品質ではソニー損保

3つのデータから顧客満足度や評判を探りましたが、1勝1敗1分けと互角でした。

ただし、SBI損保の苦情発生率は業界ワーストレベルでした。それにもかかわらず解約が少ないのは、興味深いです。品質への不満・不安を上回るメリット(=保険料の安さ)があるから、と考えられます。

以上より、SBI損保は、品質面で不安があると言わざるを得ません。

SBI損保とソニー損保の自動車保険では、総合評価はどちらが上?

ここまでの比較の結果をまとめると、下のようになります。

  • 補償・サービスの差に小さいが、SBI損保の方がやや薄い。
  • 保険料の割安感は、SBI損保が圧勝。
  • 顧客満足度が高いのはソニー損保。

この2つの自動車保険は、目指す方向が違っているため、軽々に優劣を決められません。

品質優先ならソニー損保、安さ優先ならSBI損保がお勧めです。

勝敗なし。
ニーズに合ったほうを選んでください。

SBI損保を選ぶ方の多くは、品質面での不安には目をつむって、保険料の安さを最優先していると考えられます。

コストパフォーマンスの良さで自動車保険を選ぶなら、無料の一括見積サービスをおすすめします。

上の2つの自動車保険をご自分の見積もり条件で比較したいとか、他のダイレクト型も含めて比較したいとお考えなら、無料一括見積サービスのご利用をお勧めします。というのは・・・

  • 1回に入力でおもな自動車保険の見積もり結果がそろう。
  • その他の商品も同時に比較できるので、良い商品と出会えるかもしれない。

こちらの無料の一括見積もりサービスをおすすめします。

このサービスの利用者は、平均して保険料を年間約35,000円節約されているそうです。

サイト メニュー

search engine by freefind
ホーム
読まれている記事
更新情報
inserted by FC2 system