メニュー
ページトップ

自動車保険は、高い商品と安い商品に二極化してます。
また、保険料は毎年のように見直され、安さのランキングは刻々と変動しています。

平均して35,000円も保険料を下げている方法を、お試し下さい。

人気車種の保険料相場を、統計データを踏まえて、独自に算出しました。自動車保険見直しにご活用ください。

自分の保険料は高いのか、安いのかを判断する材料として、車種別の保険料相場をご案内します。

2つの保険料相場

車種別の保険料相場について、信用できる機関が公表するデータは、残念ながら見つかりません。

そこで、自動車保険の見直しに役に立つように、2つの保険料相場を独自に算定しました。

売れているダイレクト(ネット通販)型の相場

このサイトにお越しになった方々は、保険料の節約に関心をお持ちのはず。そういう方々に、保険料水準の高い代理店型自動車保険(損保ジャパン、東京海上日動、あいおいニッセイ同和、三井住友海上など)の相場をご覧に入れても、けんとう違いになりそうです。

そこで、売れているダイレクト型自動車保険の保険料相場をご覧いただきます。

以下のような基準で算定しました。

  • 損害保険料率算出機構『自動車保険の概況』をもとに、多く選ばれている補償内容にする。
  • ダイレクト型自動車保険のうち、市場シェアの高い商品の保険料を踏まえる。

市場シェアが高いということは、それだけ多くの人に選ばれているということになります。

最安値の保険料相場

上の保険料相場が、もっとも選ばれている商品の相場だとしたら、こちらは最も安い商品の保険料相場です。

各社の見積もりを集めて、しっかり比較すれば、このくらいまで保険料を下げられる、という目安の金額です。安ければ良い、というものではありませんが・・・

こちらの保険料相場を算定するときの補償内容は、上と同じく、多く選ばれている補償内容にしています。見積もりの条件を変えると、保険料相場も前後します。

車種別の保険料相場

人気の高い車種を中心に、算出した保険料相場をご覧いただきます。

ハイブリッド車
  • アクア(トヨタ)
  • プリウス(トヨタ)
  • フィットHybrid(ホンダ)
軽自動車
  • N-BOX(ホンダ)
  • アルト(スズキ)
  • タント(ダイハツ)
  • ワゴンR(スズキ)
小型乗用車
  • カローラ(トヨタ)
  • フィット(ホンダ)
中~大型乗用車
  • クラウン(トヨタ)
  • レガシィB4(スバル)
小型ミニバン
  • ヴォクシー(トヨタ)
  • セレナ(日産)
大型ミニバン
  • ヴェルファイア(トヨタ)
小型SUV
  • ヴェゼル(ホンダ)
  • ジューク(日産)
中~大型SUV
  • ハリアー(トヨタ)

補償内容と保険会社を見直すきっかけとしての、自動車保険の"相場"をご案内します。

一口に"相場"と言っても、いろんな意味で使われます。このサイトでは、信用できると統計データをもとに日本人の加入傾向を踏まえつつ、補償内容と保険会社を見直すきっかけになるような、自動車保険の"相場"をご案内します。

補償内容の相場

損害保険料算出機構『自動車保険の概況』から、よく選ばれている自動車保険の補償内容を知ることができます。

要点をまとめると、以下のようになります。

  • 自動車保険加入者の99%以上が、対人賠償保険に無制限で加入している。
  • 自動車保険加入者の99%以上が、対物賠償保険に無制限で加入している。
  • 自動車保険加入者の89%が、人身傷害保険に加入している。その半数以上が保険金額3,000万円にしている。
  • 自動車保険加入者の約41%が、搭乗者傷害保険に加入している。
  • 自動車保険加入者の約57%が、車両保険に加入している。

"相場"の推計にあたっては、できるだけ日本人の平均的な入り方に合わせるため、以下のような補償内容にしました。

  • 対人賠償保険=無制限で加入。
  • 対物賠償保険=無制限で加入。
  • 人身傷害保険=3,000万円で加入。
  • 搭乗者傷害保険は付加しない。
  • 車両保険は、付けるとき、付けないときの2通りを見積もる。

この他の特約は、サンプルとして採用した商品のおすすめ標準プランを尊重しています。

売れているダイレクト(ネット通販)型自動車保険の相場

自動車保険としての基本の仕組みは同じなのに、代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険には、大きな保険料の差があります。

そのため、自動車保険の保険料には、代理店型とダイレクト型の、2つの相場があるイメージです。

自動車の保険料相場は2つある

このサイトを訪れる方は、保険料の節約に関心をお持ちでしょうから、ダイレクト型自動車保険の保険料相場をご案内しています。

とは言え、一口にダイレクト型自動車保険と言っても、数が多いです。そこで、売り上げ高が上位=選ばれている商品をもとに、保険料相場を探りました。

なお、売上高の高い自動車保険(ソニー損保、アクサダイレクトなど)は、必ずしも保険料の安い商品とは限りません。

ですから、上でご案内する保険料相場より、もっと保険料を下げることは可能です。

サイト メニュー

search engine by freefind
ホーム
読まれている記事
更新情報
inserted by FC2 system