メニュー
トップ
ホーム

ホーム

自動車保険の保険料は二極化しています。

まずは保険料の相場を知って、ご自分の保険をチェックしてください。

もし割高な保険にご加入なら、平均して
25,000円も、保険料を下げている方法があります。

自動車保険料の相場はこちらです。統計資料をもとに、独自に計算しました。

自動車保険を検討するにあたって、保険料の相場を知っておきたいところです。
しかし、公的な機関が発表している、信用できそうな数字はありません。

そこで、損害保険料率算出機構の統計資料『自動車保険の概況』(平成28年度)をもとに、独自に保険料相場を算出しました。

用途・車種 年間保険料
平成27年 平成26年 平成25年
自家用乗用車
普通
(3ナンバー)
80,343
85,699
76,657
小型
(5,7ナンバー)
63,416
67,188
58,378
営業用乗用車(緑ナンバー)
117,283
116,282
112,017
軽自動車
乗用車
(黄5,7ナンバー)
52,387
55,423
46,382
貨物車
(黄4,6ナンバー)
42,458
43,405
35,898
自家用貨物車
普通
(1ナンバー)
82,998
85,451
77,878
小型
(4,6ナンバー)
65,050
64,935
57,682
営業用貨物車
普通
(緑1ナンバー)
142,461
153,544
135,872
小型
(緑4,6ナンバー)
70,954
74,559
66,819
オートバイ
29,582
31,104
24,165
原付
15,662
14,764
13,109

平成25からと26年にかけて、全体的に大きく値上がりしました。
平成27年は、前年に比べて、少し値下がりした車種の方が多いです。いくつか例外はありますが。

損害保険料率算出機構の統計の、もっと詳しい分析は、統計から読み解く保険料相場をご覧ください。

保険料の相場より、ずっと保険料を安くする方法があります。もっと安くできます!

せっかくご覧にいれた自動車保険料の相場ですが、実はこれらの金額は、割高なのです。

今日では、保険料が安い自動車保険のグループと、保険料が高い自動車保険のグループに分かれています。
「代理店型」自動車保険と、「通信販売(ダイレクト)型」自動車保険の2つのグループです。

2つのグループの保険料には、図のように、かなり差があります。つまり、全体の相場よりずっと安くすることが可能なのです。


具体的に比較してみましょう。
下の表は「代理店型」自動車保険と「通信販売(ダイレクト)型」を3社ずつ選び、自動車保険の年間の保険料を比較したものです。

保険会社 25歳独身 40歳夫婦
通販(ダイレクト)型 イーデザイン損保
67,190
42,830
セゾン自動車火災
82,350
36,800
ソニー損保
91,230
41,140
代理店型 損保ジャパン日本興亜
142,670
63,360
東京海上日動
131,890
57,110
三井住友海上
131,790
56,060

できるだけ条件をそろえて、「25歳独身」と「40歳夫婦」の2つのケースを試算しました(自動車保険ごとに違いがあるので、完全に同じ条件ではありません)。

「25歳独身」と「40歳夫婦」という異なる設定での試算ですが、上の3社と下の3社の間に明らかな差があることは、見て取れると思います。

通信販売(ダイレクト)型の保険料には、大きな差がありません。おトクな自動車保険は、比較しなければわかりません。

おトクな「通信販売(ダイレクト)型」自動車保険ですが、各社それぞれに特色を出しており、加入する方の条件によって、最もおトクな自動車保険は違ってきます。

上の保険料を比較した表のうち、「通信販売(ダイレクト)型」の金額をグラフにしました。

「通信販売(ダイレクト)型」の保険料比較

ご覧のように、「25歳独身」と「40歳夫婦」とでは、安さの順位が違っています。
このグラフが示すように、条件設定が変われば、おトクな自動車保険は変わります。

お一人お一人にとって最適な自動車保険を探すなら、実際に見積りをして比較するのが理想です。

見積もり条件を少し変えると、安さのランキングも変わる』の記事で、さらに深く掘り下げています。


無料一括見積りサービスで、各社の見積もりを比較するのが、自動車保険選びの近道です!

通信販売(ダイレクト)型の比較は、意外とめんどう

「通信販売(ダイレクト)型」の自動車保険は、それぞれの損害保険会社のホームページで、簡単に保険料を試算できます。
でも、「通信販売(ダイレクト)型」も数が増えてきました。自分で、各社のホームページを訪問して、試算、比較するのはけっこう面倒です。

そこで、以下の無料一括見積りサービスをおすすめします!

おすすめする一括見積りサービス

自動車保険の無料一括見積りサービスは、このところ増えつつあるようです。
そんな中で、特にこちらのサービスをおすすめする理由は、以下の通りです。

  • 1回入力すれば、最大で19社の自動車保険を見積もることができる。
  • 参加している保険会社数が多いうえに、おすすめの「通信販売(ダイレクト)型」がすべて含まれている。
  • 全国232店舗『保険見直し本舗』を経営する会社が提供するサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用は無料である。
  • すっきりとしたデザイン、レイアウト、操作性で、使いやすい

そして、このサイトが2012年6〜7月に、サイト利用者を対象に実施した調査では、
保険料節約の平均金額は約25,000円だっそうです。

:
inserted by FC2 system